Global Pacifico Consultants は国際ビジネス活動のサポートを通じて、メキシコや海外諸国と日本の間の良好な関係作りに貢献することを理念としています。

グローバル・パシフィコ・コンサルタンツ


代表取締役 ご挨拶

2005年に日本とメキシコの間に締結された日墨経済連携協定は、両国の400年にわたる友好関係をさらに深め、ビジネス分野においても劇的な変化をもたらしました。現在、日本ではTPP参加が検討されており、アメリカはもとより環太平洋諸国とのさまざまな国際ビジネスの拡大が期待されています。


私たちGlobal Pacifico Consultants は2006年の創立以来、主にメキシコやアメリカを中心に、海外諸国と日本を結ぶ架け橋になるべく、太平洋を越えたコンサルティングやマーケティング業務に携わってきました。在日メキシコ大使館の文化担当参事官であった私をはじめ、高い言語能力と海外文化に対する理解と経験を持つスタッフが、文化の違いによる誤解や言語の障壁を取り除き、クライアントの国際交流やビジネスをサポートしてきました。


一方で、クライアントの国際ビジネスへのサポートを通じて、私たちの理念である「メキシコや他の海外諸国と日本との間の良好な関係作りに貢献する」ことを実現しています。これは私たちにとって大きな喜びであり、また誇りでもあります。


私たちGlobal Pacifico Consultantsは、海外の企業及び政府機関が行う日本での活動や、日本の企業による海外でのビジネスなどに数多く携わってきました。私たちには、豊富な異文化経験によって培われた柔軟な思考力と斬新な発想力があります。国内外でのビジネス拡大やセミナー、イベント開催などをお考えの際は、ぜひ弊社にお気軽にご相談ください。プロジェクトの大小に関わらず、誠心誠意対応させていただきます。


ロドルフォ ゴンザレス




代表者プロフィール

代表者近影

ロドルフォ・ゴンザレス

メキシコ・グアナファト市にて、メキシコ人の父と日本人の母の間に生まれる。
日本語、英語、スペイン語の三ヶ国語を流暢にあやつる。


メキシコ大学院大学(El Colegio de México)国際関係学科を卒業後、上智大学大学院国際関係論学科に研究生として留学。


1996年~1998年:メキシコ文化庁にて長官顧問として勤務。
1998年~2003年:メキシコ外務省の任命を受け、在日メキシコ大使館の文化担当参事官として勤務。
2003年~2005年:SAGARPA (メキシコ農業省)日本支部代表。

2006年:コンサルティング会社、Global Pacifico Consultants を創立。日本初の対メキシコを中心とした国際的なサービスを開始し、現在に至る。




> 前のページへもどる